2006年02月07日

2/7のMEMO乱DUM:錯乱狂記?

*管理者養成学校に行っている、
 かなり年の若い友人は昨日発熱し、
 安静状態だった、らしい。

 今日、熱が下がらなければ40キロ夜間行進は、
 パスの予定だが、学校から連絡がなかったから、
 今頃歩いているはず。とりあえず、が・ん・ば・れ!!

*「ゲルマニウムの夜」の原作を再読しはじめた。
 やはり、笑える。

*会社のPCが新しくなった。 
 ソフトをインストールするのに、
 2日も掛かっているが、まだ終わらない。

*雑誌の編集をしている義妹がネットで買った、
 菊池信義の作品集がテーブルの上にあった。

 知っている、と言ったら話が盛り上がった。
 普通の人は知らないと言う。そうかな。

 自分を普通の人と思っているELMとしては、
 そう言うしかないでしょうが。

*bambiの実家近くのコンビニのウインドウに、
 環状*号線外回り、**区最後のコンビニとPOPが貼ってあった。
 それって惹句、になるの?

*いつもの習慣で、bambiの実家近くのTSUTAYAで、
 新作3本を2泊3日で借りた。

 1本しか観られなかった。当たり前。アホは今年も治らない。

*義父が寝てもまだ飲み続けているELMは、
 かなり評判を落とした。あっ、前からだ。

2006年01月25日

1/25のMEMO乱DUM:カオス

kiosk.jpg

カオスです。カボスでもなければ
カマスでもありません。カオス、です。

最近、キオスクにはレジが置いてあります。
バーコードリーダーで読み取ってから
金銭授受が行われます。

商品が手にはいるまで、
時間が掛かる事、掛かる事。

あれは、マネー機能付きスイカを
流通させるための陰謀でしょうか?



この2週間、鼻水が止まりません。
熱はありません。

訂正。
熱がないと死んでいます。

ここ数年、平熱は35.7度です。
体温を測ると35.4度です。
不思議な風邪です。

あっ、鼻水ではないかも知れません。
脳味噌、かも知れません。
少し茶色いのです。

鼻血、でした。



「男の服飾考現学」をあっという間に
読み終わりました。

マルコム・マクマーレンの事は載っているのに、
ヴィヴィアンの事は、素っ気ないほどに短い紹介です。

1991年の本ですから、
ヴィヴィアンは少し雌伏の時だったのでしょうか?

西の雄、がヴィヴィアン・ウエストウッドなら、
東の雄、はクリント・イーストウッドです。

西部劇で売り出したのに、
イーストウッドという芸名は、面白いですね。



ついに、橋本 治の「ああでもなく こうでもなく 3」に
到達しました。

この本を紹介すると、
カオスがカフスになります。

何の事かわからない、と思います。
ELMもわかりません。

では。



あっ、サブタイトルを書き忘れました。
(錯乱狂記?)です。

そう言えばここ数週間「雨あがる」への
訪問者の方が増えています。

珍しくリンク元をたどったら、
ヤフーの検索で9位?になっていました。

この期に及んでも、確認してから書かない
ELMでした。



では、おやすみなさい。
夜中に電話してこないように。
どっちみち、気が付きません。



「ロリヰタ」のレビューは、まだです。

2006年01月21日

1/21のMEMO乱DUM:世紀のはじまり

世紀のはじまりを00年からと
強引に決めたのは、19世紀ドイツのウイルヘルム二世です。

今では国際標準で「ほぼ」どの国も、
01年からのはじまりとしています。

お年寄りで、2000年を21世紀のはじまりと
勘違いしている人がたまにいましたが、
この時の影響です。

まあ、世紀の変わり目に立ち会う確率が、
どれくらいかわかりませんが、
100年に1度の事ですから
あまり話題になりませんが・・・。

あれ、紀元のはじまりはキリストの誕生?
キリストは、紀元前4年の生まれと記憶していますが。

もちろん、立ち会った訳ではありませんが。

2006年01月14日

1/14のMEMO乱DUM:007の原型

k-s.jpg

「北北西に進路を取れ」のポスターを見ていたら、
誰かに似ているような気がしてきました。

顔が、と言うよりキャラが007に、
ショーン・コネリーが造形したジェームズ・ボンドに、
似ているような気がします。

行動と台詞に、
ウイットとユーモアがあって、
サスペンスでミステリーで、
最後に二人だけの抱擁シーンで
終わるところも似ています。


風邪で、頭、やられている、
のかも知れませんが・・・。

2006年01月08日

1/8のMEMO乱DUM:キングコングを友人が絶賛している。

*キングコングを友人が絶賛している。

 年賀状でも、極内輪的掲示板でも。
 観に行きたいけど、時間が、ない。

*「戦国自衛隊1549」を完了。
 
 「ローレライ」は「ローライン」
 「戦国自衛隊1549」は「戦国自衛隊1549広まず」
 「亡国のイージス」は「「呆然のイージス」または
 「慟哭のイージス」と言い換えて溜飲を下げる。

*気づいたら仕事関係やら趣味関係やら、
 図書館三館から本を借りまくっている。
 返却日が混乱している。
 総数何冊かも把握できていない。

 仕事場から遠い図書館の途中は開かずの踏切で、
 20分で行けるところが40分掛かる。
 高架化工事をしている訳だ。

 駅前の図書館に行って、
 ここでも返却できますか、
 と聞いたらOKとの事。

*二日連続で、行き倒れと間違うような
 死んでいるようなホームレスの昏倒状態に
 出くわす。

 陽の当たっている場所に横たわっているのは、
 生きているホームレス。

 日陰に横たわっているのは、
 生きていないホームレス。

 勘弁してよ。
 そんな事、わかっても、嬉しく、ない。

*近所の神社は厭きたとbuta-muchiが言う。
 川崎大師に行きたいと言う。

 後ろの参拝客がぼやいてました。
 三が日を避けて来たのに、
 これじゃ、三日くらいと同じ混み具合だ。

*仕事始めの日から、やたらと頭を使っている。
 推理がことごとく当たるけれど、
 ちっとも嬉しくない。

 本当の解決はこれからだし、
 これからも、物理的に頭の痛い日が
 続くんだろうな。

*今年も、七転八倒・魑魅魍魎・天地無用・往生要集、
 の日々が続くのね。

 「迷探偵ゴナン」とハンドル名を、変えよう。

*おまけ。
 「六根清浄・悪霊退散・無明長夜・月下美人」

*ふぅ〜ぅ。 

2005年12月30日

12/30のMEMO乱DUM:T字路

t-road.jpg

遠くから見れば行き止まりに
見えるかも知れませんが、
近づけばわかります。
そこはT字路です。

恐れずに近づけば、わかります。

恐れて近づかないから、
行き場がないとひるんでしまうのです。

経験上、本当に行き止まりな事も、
多々あるのですが、
その時は戻って来れば良いのです。

そのくりかえしで、10年、20年、30年を
過ごしてきました。


ちなみにT字路は、丁字路が本当です。
今ではどちらでも良いのですが、
T字路と思っている人が
ほとんどです。

会津の道は、丁字路が多いそうです。
(外敵を待ち伏せするのに都合が良いから、
 だったかな。違ってたらゴメンなさい)

ブログをはじめた、初めての年末です。
ネタは尽きないものですね。

自分に感心しつつ、あと1日。

2005年12月28日

12/28のMEMO乱DUM:グレッグ・ニコテロ

arisia.jpg

ホラーが好きなのは
(何だ、今朝の話題は?)
特殊メイクが好きだから。

リック・ベイカーは、
特にお気に入り。
マイケル・ジャクソンの「スリラー」も、
確か、リック・ベイカー。
特殊メイクでオスカーも取っているはず。

ジョージ・A・ロメロの
「ランド・オブ・ザ・デッド」を
観ていたら、そのあまりの造形の見事さに
驚き、メイキングで特殊メイクの
グレッグ・ニコテロを知った。

写真は、クリーチャーではなく、
主演のアーシア・アルジェンド。
これまたホラーで有名な
「サスペリア」のダリオ・アルジェンドの娘。

良い感じでしょ。
嬉々として演じているのがわかります。

目覚めて、
ELMのブログに来て、
目覚めたまま、
また悪夢を見せては悪いという、
親切心です。

つまり、ここに載せるのをはばかるくらい、
ニコテロの造形は、リアルを超えてアクチュアルです。

2005年12月19日

site10:12/19のMEMO乱DUM:9人制バレーボール

volleyboll.gif

実はバレーボールの9人制は、
日本だけのようです。

最初は、バスケットボールより
運動量が少なく、接触危険のないスポーツとして
考えられ、名前もバレーボールでは、
なかったようです。

やがて、テニスのように、
地面に接触しないようにして
ボールを打ち返すとところから、
volleyballとネーミングされたようです。

人数もルールも発展の過程で
変わってきたようで、
日本に入って来た当初は、
16人制で試合した事もあったようです。

あの狭いコート(片面ですよ)に16人、って
考えるだけで恐ろしい、です。
(就学人口が多かった、のでしょう)

で、9人制でやっているのは日本だけのようです。

もちろん国際的には6人制で、
日本も6人制に移行したのですが
ママさんバレーとして、
9人制が残っています。

3、7、8、9という数字は、
日本人に馴染みやすいのかも、
知れません。

なんで、こんな事を書くかといえば、
訳が、あります。

ヒト・モノ・コト、には
訳がある。

ELMの持論、です。
(なんで、こんなに長くなるのでしょう?
 その訳は、わかりません)

「キャリー」のファーストシーンの
バレーボールシーンに、何か違和感があったのです。

ボールタッチの回数が多いような、
微かな記憶があったのです。

9人制なら、それはA-OKです。
6人制なら、コンデション・レッドです。
(9人制では、ネットに当たった場合は
 4回までボールタッチOKです)

確認しました。
また、借りてきて。

4回、ネットにはねかえって、
ボールタッチしていました。
そして、6人制でした。

だから、どうした?
という話題ですね。

きっと全体の流れ(カメラワークとか
役者の動き)が良かったので、
OK-TAKEにしたのでしょう。


site10を、MEMO乱DUM(錯乱狂記?)に
名称変更した記念記事、でした。


2005年05月24日

明日のための・・・

・・・その1。

続きを読む

2005年05月09日

SPEAK LARK(site10:@lan-dum.memo乱打m

coburn.jpg

帰りの電車に乗ろうとしたら、
突然「SPEAK LARK」という言葉が、
浮かんだ。

自分の思考回路、ニューロンとニューロン、
シナプスとシナプスの連結がどうなっているのか、
わからない。

子供の頃「天才と紙一重」と言われた事が、
あったような、なかった、ような。

(止しなさい、そんな書き込み。
 それって、キ***って事じゃないか。
 本気にする人がいるよ。ジョークなのに)

で、SPEAK LARKの話。

ジェームズ・コバーンがドアをノックする。
小窓が開いて、中の奴が合言葉を聞いてくる。

コバーンが言う。
「SPEAK LARK」

そう答えると中に入れる。

このCMが放送された当時、
どのメディアも取り上げなかった、ように思う。

自主規制なのか、圧力なのか、
わからないが「SPEAK LARK]って・・・続きを読む

2005年05月02日

気分を変えて遊びの時間は終わらないもう一度

久しぶりに、劇場に行って
「コンスタンチン」を観て来ました。

こちらの黄金週間は今日で終わりですから、
書き込みは1週間後? かも知れませんが、
面白かった。

「マトリックス リボリューションズ」
に触発され解題を試みたのかな、
とも思いました。

まあ、これは当てになりませんが、
個人的にはガブリエル、ルシュファー
の役者さん、気に入りました。

2005年04月24日

くらもとそう

site10:@lan-dum.memo乱打m

s-DSC00244.jpg

Mへ行く途中、発見。

偶然?

あの大きさは狙っている!

というbambiに従い(いつも従い)大公開!

お気に召したら、クリッ、とね。
人気blogランキングへ


2005年04月21日

SFX

From site10:@lan-dum,memo乱打m

sfx.jpg


昔「SFXの世界」という本(今ならCGでしょう)を、
本屋のレジに出したら、レジの女性が思わず顔を上げて
こっちを見た。

よく見てよ、EじゃないよFだよ。

さらに、その昔、復刻版の「変態知識」を買おうと
郵便振替を窓口に出したら、窓口の女性がキッ、
という顔をして、こちらを見た。

そうだろうな、知ってる人は少ないし、
中学生が宮武外骨、買わんだろうな、普通。

2005年04月20日

4月20日夜の阿呆リズム?

From site10:@lan-dum.memo乱打m 初登場!!!

yoru-hou.jpg

「・・・あげたことは、思い出さない。

 ・・・もらったことは、忘れない」


・・・の前に「して」を入れると、何かイヤらしい、ので
消しました。

ネタ切れかな、と思ったら、結構出てくるので、
早いネタ切れをめざして、夜も一言。

アクセク解析、もといアクセス解析によると、
訪問者は朝の4時〜5時がピークみたいなので、
夜の訪問者(ム〜ン、マンダム:わからんだろうな、若い人には)
にもサービス。

お気に召したら、クリッ、とね。
人気blogランキングへ

クリック、ってのは、ドアを叩くオノマトペ、なんだ。
祇園、違う! 擬音なんだ。


出てくる言葉がわからなかったら、自分で調べようね。

2005年04月06日

お引っ越し

From site10:waranote

右上に転居しました。右斜め上足足足

2005年03月25日

約束通りの午後(C)

akuma-jiten.jpg

from site10 waranote

過剰なくらい言葉に拘るのは、
たぶん子供の頃に何かあったのかも知れないが、
思い出せないし、面白く語れる気がしないのでオミット。

ここのカテゴリーにはサイト番号が振ってあって、
それぞれにタイトルが付いているけど、
すべて、言葉遊びになっているんだ。
まあ、気付いていたでしょうけど。

site1 MOVIE TRAPはBooby Trapのモジリアニ。

馬鹿者の罠とか阿呆の罠、って訳される。
一見無害なものに仕掛けておいて、
触ったり動かすと起爆するようになっている罠。
卑怯な罠、と呼ぶ人もいる。

このサイトには仕掛けていないヨ。

site2 BOOK ONは単純。BOOK OFFのパクリ。

大掃除症候群とか畳替え症候群とか、
片付け症候群、引っ越し症候群とも呼ばれるのは、
見つけた古新聞や古本をつい読み耽ってしまう現象。

売っ払おうか、いっそインターネットの古本屋さんに
なろうかと古本の整理をはじめたら、
やはり読みはじめてしまった。

site3 薄笑問題は、爆笑問題からイタダキ。
説明不要。

site4 その日暮らしのDia-Lee はDiary から。
これも説明は不要でしょう。  

site5 阿呆リズム はAphorism から。
箴言と訳されるような堅苦しさは勘弁。

笑い(苦笑でも冷笑、憫笑でも)が取れない内容には
したくなかったので、阿呆リズムにしやした。

site6 えせ・エッセイ は未登録でサイト名のみ
先行しておりますが、嘘随筆の予定。

site7 メンズアンアン はメンズノンノから。
アンアンが廃刊にならなかったら、という思いを
少し込めました。亜夢庵なんて、ペンネームを
使っていた事もあるし。

(サイト名考えるのに3日も使っている。ホント、阿呆だね)

site8と9は未定。お楽しみに。

site10 waranote は わらのうと、と読むように。
わらの手、と読んだ人が過去にふたりいる。
意味はそのまんま。メモランダムのようなもの。

2005年03月23日

店主軽薄、もとい店主敬白

お陰様で一昨日、一日の訪問者数が100名を超えました。
祭日という事もあるのでしょうが、昨日は平日にも
関わらず99名(惜しい!)の方に来ていただきました。

そんなに友人・知人はいませんから、
ほとんどは見も知らぬ、聞きも知らぬ人だと思います。

発作的にはじめたこのブログですが、
一ヶ月にも満たないというのに、ありがたい事です。
これからも宜しくお願い致します。

五木寛之が以前、たぶん文藝春秋の講演会で、
あるアメリカの女性歌手の発言を紹介していました。

「カテゴリーは嫌い、バラエティが好き」

左のフレームを見ると、カテゴリーが増えているのに
気付かれると思います。

何か自分でもわかりませんが、
趣味嗜好として、やはりバラエティが好きなようです。

自分の表現は円貯め、違う!! (少しも貯まってないだろうが)
エンタメである事を目指しています。

素の自分をそのまま出すのは、おもてなしになっていないと
思っています。それでも人となりは出てしまいます。
少しは受けているのかな、とウフフです。ひらめき

この訪問者数が一般的に多いのか少ないのか、
わかりませんが、嬉しいです。頑張ります。

ちなみに「メンズアンアン」は、
男のコスメみたいなものを、書くつもりです。

これからも、宜しくご愛読願います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。