2007年01月17日

07.01.17のDia-Lee:My箸購入

事情があって箸を買いました。
お昼時の割り箸からの転向です。

何と割り箸の90%は、中国産です。
そんでもって彼の国は森林を丸ごと伐採して
割り箸を作り、日本に輸出しているそうです。
豪快な国です。

日本のように端材や間伐材を使っているのでは、
ないのです。

しかもその後、植林していないそうです。
結果、豪雨になると洪水が発生するのです。
「バタフライ・エフェクト」です。

中国人民を災禍から守るためにも、
割り箸はやめなければなりません。

こんな展開で、
このブログが終わる訳がありません。
以下、例によって実話です。

箸箱も買いました。
持ち帰って開封したら、箸箱が短いのです。
箸が長いとも言います。

箸にサイズがあるなんて・・・。

短い箸を買いに戻りました。
残った箸は、どうしましょう。

えっ、取り替えなかった、のかって?
そんな、取り替えるなんて、恥ずかしい。

実は、気に入ったのがなくて、
他の店で買いました。

あっ、オチが出ません。
中国人民でやめれば良かった・・・。


ちなみに、包装には「日本製」と
印刷してありました。

それはともかく、
割り箸をやめれば、
中国の環境破壊が減るのです。

それって、中国の責任だよね。

買う方がいけないの?
売る方がいけないの?

2007年01月15日

07.01.15のDia-Lee:不二家と賞味期限

実は、5年前の缶ビールが出てきて
(正確に書けば貰って。くれる方も
 くれる方だが、貰う方も貰う方で、
 くれる方は初登場、父で)やる、
 と言うから、ELMはありがたく頂戴した。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2007年01月04日

07.01.04のDia-Lee:酒とバカの日々

nezu.jpg

気がつけば仕事始めで、
朝は三時に目覚めてしまい、
どうしても再び眠る事ができないので
ノートPCで映画を観ました。

観終わった頃に猛烈な脱力感に襲われ、
出勤のためにどうにか着替えたら、
ベルトが短いのです。

まさか!と思ったらまさかで、
いつもは違う場所にある
buta-muchiのベルトだったのです。

ようやく自分のベルトを探し当てましたが、
5日前よりきつい事に変わりはない、
のが妙に哀しくて可笑しいのです。

今年も酒とバカの日々。
暴飲暴食、喰っちゃ飲んで観て寝、
喰っちゃ飲んで観て寝、
のお正月だったのです。


「寝ずの番」

「エヴァンゲリオン 2」

「ワイルド・スピード」

「ドラゴン・プロジェクト」

「アローン・イン・ザ・ダーク」

ワイルド・スピード2」

「ブギーマン」

「ぼくを葬(おく)る」


それでもって「箱根駅伝」をながら視聴し、
あまつさえ海岸通りまで揺れる自転車を
飛ばし、徳光さんの絶叫まで聞いたのです。

酒は「久保田 百寿」を飲んだのですが、
やはり「浦霞」の魅力には勝てず、
台所の隅に空瓶が二本転がっています。


「寝ずの番」は下ネタばかりで、
最初は閉口していたのですが、
決して出来が良いとは言えないものの、
エロスとタナトスを突き抜ける
日本の猥歌、バレ歌、替え歌に対する
尊敬、伝承への意志を感じました。

岸部一徳の「軍艦行進曲」の替え歌には、
仰け反りました。

こんな風にELMの仕様もないお正月は、
明けたのです。

こんな日が1年、続くのです。
面白くない訳が、ありません。

(そう思っているのは、本人だけ??)

2006年12月31日

06.12.31のDia-Lee:大みそかまでの酒とバカの日々

今日までに読んだ本は、
書き忘れもあるけれど、
記録で見る限り148冊。

仕事は含みません。
まあ、数を自慢するのは愚かで、
単なる記録の披瀝です。

その中では
「正続・日本軍の小失敗の研究」
が一番魂に残ります。

ELMの興味・関心がこちら側に
向いてきた訳(それは直観かも
知れません)が、予兆を伴って
怖いのです。

「坂の上の雲」ではなく
「坂の下の谷」が垣間見えるのです。
お薦めです。



今日までに観た映画は、
書き忘れもあるけれど、
記録で見る限り234本。

その中では
「QUESTION」
が一番魂に残ります。

身体と頭と心が別々ではなく、
総体としての魂の切なさが
あったように思います。

身体×頭×心=魂 です。

どれかひとつがゼロでも
成り立たない、はずです。



ベストテンではないので
順位は付けないし受け狙いでも
ないのですが書いておきます。

「フラ・ガール」も良かったです。

眼の付け所が良い、という言い方は
失礼だと思います。

今が、あの時代なのです。


少し暗くなったかも知れませんが、
書いておきます。

「努力は人を裏切らない・・・事が多い」

どうぞ、良いお歳を。
ELMは来年XX歳。

お粗末・・・。

来年も、こんなもんです。


2006年12月30日

06.12.30のDia-Lee:おおつごもりマイナス1

実は今日は、ELMの仕事納めで、
妙な昂揚感と脱力感で一日を
終えました。

つまらないギャグはどんどん出てくるし、
自作資料の不足もどんどんわかって直せる日でした。


昨日は、半年どころか、
一生に一回あるかないか、
の開き直りをした日です。

基本的に仕事の詳しい事は書かないようにしているので、
普段より違う意味不明があって申し訳ないのですが、
ルビコン河を渡るとは、こういう事かという日でした。
一生に一度、するかしないかの博奕をしたのです。

「マトリックス2」のあの白い兄弟ではありませんが
「何か、猛烈に腹が立ってきた」日でした。


以前、書いたかも知れませんが
「俺を敵に回すと怖いぞ」と言った人がいます。

その時も猛烈に腹が立ちました。
そんな台詞は堅気なら、一生に一度言うか言わないか、
言わない事が多い言葉です。

間を置いて、言うか言うまいか悩みながら、
結局、思想穏健性格温和のELMは、
思い浮かんだ通りを言いました。

「ELMを敵に回すと面白いですよ」

その人は、もうだいぶ前にいません。
昨日は、それに近い事があったのです。


あっ、二度ある事は三度ある。
ヤバっ。


明日は、今年読んだ本と観た映画の数を公開しますね。
大晦日、です。

2006年12月27日

06.12.27のDia-Lee:卸問屋のヤマギシ

yamagisi-gaikan.jpg

師走が終わろうとしています。
ELMも一応「師」みたいな立場なのですが、
この12月は全然走っていなかったなあ〜、
何て思っていたら、走っていたのでした。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2006年12月24日

06.12.24のDia-Lee1:メリークリスマス

c-i.JPG


今年のクリスマス・イルミネーションを公開します。

クリスチャンではないけれど、
今はブッディストでもないので。
(意味不明)

クリックすると大きくなります。
たぶん・・・。



メリークリスマス、ミスター・ローレンス。
ミスター・ローレンス、メリークリスマス。

メリークリスマス!!

2006年12月21日

06.12.21のDia-Lee:笑われELMの酒と煙草と映画と読書の日々

そろそろ復活するかな〜何て思っていて、
隣人Aに言わせると昼間はシャキーンと
歩いているらしいが、人の見ていない帰り道はヨタヨタ歩いている、
見栄かもね、と思う。

期間は前後するけれど、
書かなかった作品も含めて、
観た映画は下記の通り。


http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2006年12月01日

06.12.01のDia-Lee:笑われELMの日々

ドクターが言います。
「腰痛バンド、付けてあげて」

あき竹城のような看護師が言います。
「向こうをむいてズボンを下げて」

「えっ、どこまで」と思うのですが、
面倒なので熊のプーさんベルトを緩め、
手を離します。

バックルがちゃりんと鳴ります。
こういう時、ELMは極端に大胆というか、
投げやりになる傾向があります。

つづきはこちらから。↓

http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2006年11月30日

06.11.30のDia-Lee:嫌われ松子の一生・笑われELMの一日

と言う、とても面白い、じかくじさんの
ブログを書いていたのですが、消えてしまい、
復活しません。

ふてくされて(自棒自棄:違う!けれど、
これはこれで怖いし、何となく、わかる)寝ます。

2006年11月17日

06.11/17のDia-Lee:いい ふろの日

セミナーの主催者は、昨日が「いい いろの日」である事には、
少しも触れませんでした。やはり偶然だったのです。

セミナーの内容は、言いたくありません。
ただ疲れました。

ちなみに、思いついて調べたら11月26日は
「いい ふろの日」です。

セミナーは、ありません。残念。


メルマガの読者は、2ヵ月で20人です。
しょぼいです。

諸事全般≒七転八倒・支離滅裂・軽佻浮薄・付和雷同≒外部記憶装置は、
長すぎて却下されました。

諸事全般≒七転八倒・支離滅裂・軽佻浮薄≒記憶装置で、
再挑戦です。

仕事以外に、この情熱は、一体どこから出てくるのでしょう?


2006年11月16日

06.11/16のDia-Lee:今日は何の日?

今日、11月16日は「いい いろのひ」なのだそうです。

だからでしょうか?
今日は色彩セミナーのある日です。

偶然? 意図?

狙っていたのなら、大したものです。
でも4時間半のセミナーは、ちと苦しい。

会場は中野です。

2006年11月15日

06.11/15のDia-Lee:まぐまぐのタイトルを変えるぞ!!!

飽きっぽい?
厭きっぽい? のでしょうか?

訪問者が10万人を超えてから、
まぐまぐに興味を移して開設し、
今また、まぐまぐのタイトル「MOVIE TRAP」を
変えたくて手続きをしました。

OKが出るかどうかはわかりませんが、
こんなタイトルです。

「諸事全般≒七転八倒・支離滅裂・軽佻浮薄・付和雷同≒外部記憶装置」

≒と≒の間は、中学の時の自己分析です。

御用とお急ぎでない方は、
こちらも、宜しく。

タイトル、変わるかも。
引っ越し、するかも。


http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

06.11/15のDia-Lee:気道戦士ガンダメ

2週間ほど前、昼食の最初の一口を食べたら、
喉にものすごい異物感があり、飲み込めなかった。

まるで喉が半分になったようで、
その内、苦しくなってきた。

1〜3分は耐えられるだろうと判断して
静かに立ち上がり、トイレに。

昔のように、喉仏を思い切りひねり上げる。

こんな事は、あめ玉を詰まらせた子供の時以来。

帰宅してbambiに報告したら、
歳をとると食道と気道の感覚が麻痺して、
そういう事が起こると言う。

食道、気道の違和感は最近は、ない。
良かった。

オチは、タイトル、ですわ。

2006年11月08日

06.11/08のDia-Lee:ミラジーノで箱根仙石原のすすきを見に行ってきた

susuki.JPG

気がつけば、3日もレビューを書いていない。
まずい、まずい、疲れがたまっているのか、
と思いつつ、近況報告。

先週は雨模様だったので中止して、
今週は朝からジーノをとばして、
箱根は仙石原のすすき見物。

134号線から西湘バイパスを飛ばしたら、
(と言っても制限速度を守って、だけど)
箱根湯本まで30分で着いてしまった。

仙石原到着に要した時間は1時間。

町営の無料駐車場に入れる話は省略。
(誰か仕切らないと出られない車が絶対、ある)

1時間以上、すすきの原を彷徨、徘徊、登坂、逍遙し、
陽の光に銀色に輝くすすきの懐に抱かれた。


星の王子様レストラン、でランチ。


帰りは、甘かった。
三日間の連休の最終日だった、のだ。

箱根湯本まで4キロの渋滞。
西湘の出口で同じく4キロ。

それでも、奇縁。
すすきを見に行ったその日に、
水平線を昇り、中空に届くまでの満月を、
じっと見る事ができた。

buta-muchiが、中秋の名月を写真に撮った。


ちなみに掲載写真の一番手前が、ELM。
背中は、案外若い、な〜んてね。

(クリックすると拡大します。
 首筋が、案外若い、な〜んてね)

2006年11月03日

06.11/03のDia-Lee:階段4段飛び、5段飛び

相変わらず、細々とマイブームと言うのでしょうか?
人知れず、アホな事をやっているのです。

会社の玄関先は8段の階段になっていて、
別館に行った戻りには、時々数メートル前から
助走をつけて4段飛び、5段飛びに挑戦しています。


これが、最近のマイブーム、です。


人がいる時にはやりませんから、
知っている人は、まあ、ほとんどいないでしょう。

4段飛びは楽勝ですが、5段飛びには勇気がいります。
階段のピッチは20〜25センチでしょうか?

失敗した事はありませんが、1度5段飛びをした時、
爪先しかステップに掛からず、ヒヤッとした事が
あります。

以前、宅配のお兄さんが足を滑らせて頭を打ち、
たまたま通りかかった社員が救急車を呼んだ事が
あります。

その後、どうなった? と聞いた事がありますが、
お礼に来た事も再び配送に来た事もないそうです。

何か、凄く、憧れている自分がいるようで、
あれあれあれ、こんなオチにするつもりは、ないぞ!


5段飛び常勝の報告を、お待ちください。

06.11/03のDia-Lee1:必修漏れ

原理原則という道理をないがしろ(蔑ろ)にし、
救済という無理を通す時、国家は為政者の玩具に堕す。

これほどまでに傾いた國だったのか?

新政権の誕生に合わせたかのような漏洩に、
何も感じないのか?

またひとつ、臣民は踏み絵を踏まされる。
それと知らず。

そして、この國は喜んで、さらに傾く。

2006年11月01日

06.11/1のDia-Lee:影響力発揮セミナー

本も映画も、今までと変わらず
読んだり観たりしているのだけれど、
一向にブログを書こうとは思わないのです。
気が向かない、進まないのです。

で、突然、影響力発揮セミナー。

そういうネーミングのセミナーは、
ネットで検索したら一杯あるのだけれど、
ELMが行ったセミナーは、ヒットしません。

そんな事はどうでも良くて、
ELMがわかっている事はただひとつ。

影響力=支配、と思っている限り、
影響力は身につかないのです。

だから、そういう望みの人が参加しても、
実は無駄、です。

実は、影響力≒支持、支援なのです。
無私、無援、無常、を知る者だけが、
影響力を駆使できるのです。

管理者養成学校と言うセミナーも、
実は無駄と思っています。

所詮はバーチャルリアリティなのです。
ゲームの達人が人生の達人ではありません。


現実の場で追いつめられ、
四苦八苦・艱難克己・七転八倒・雌伏雄飛
した者にしか、わからない世界があります。

1度は沈没した者にしかわからない世界があります。
ELMは、5回は沈没してます。

4日や2週間で帰れる期限付きの
似非沈没セミナーなど、無駄(くそ)です。

この1週間、
♪この支配からの卒業、
というフレーズが頭を離れません。


今日も、オチ、に失敗、です。

そんなにネガティブになってはいないのですが、
今日はこんな感じです。


三池崇史の「IZO」の影響かも、知れません。

2006年10月31日

06.10/31のDia-Lee:お腹がゆるくなるガム

ブログを書く時は、必ず最後に
オチと言うか捨てセリフと言うか、
決め台詞というか、とにかく
受け狙いの一言を書くようにしている。

しかし、決めてから書く事は、
ほとんどないのですね。

書いている内に何となく、
そういう方向に行く。

これもひとつの才能かな?
何て思いながら、昨日が
如何にひどい半日だったか、
を書くのだ。

bambiが、ガムをくれた。
何個も噛むと身体からバラの匂いが
してくると言う。

くれたのは一個で、まあ、何て事もなく
噛み終えて、しばらく。


ガムを噛んだ事さえ忘れた頃に、
猛烈にお腹が痛くなり、
何かを考えたり、行ったりできないくらい
痛くなり、トイレの中で「煩悶」した。

いやあ、煩悶、何て言葉が出るくらい、
七転八倒した。

正露丸を一粒? 一錠?ずつ三錠飲んで、
嵐の金曜日が過ぎるのを、待つ。

すまん、月曜日、だった。


歳のせいかと思いつつ今朝、
バラの匂いのする身体にしたくて(アホだね)
そのガムを会社近くのコンビニで買い求め、
噛んで捨てて数分後。


昨日と同じ激痛が襲う。

因果律からすれば、原因は、このガムか?
包装紙を見れば、一日に? 一度に? いくつも摂取すると
お腹がゆるくなる事がある、と書いてある。

一個しか、噛んでないぞ。

念のため、もう一個、口に入れてみる。
(やはり、アホだね)

悪い、この話は後で、
とスタッフに言い、個室へ。

帰宅して、bambiに言ったら、
信じてなかったけど、ELMって、
もしかしたら自分でも言うように
デリケートなのかもね。
(そうだ! 今頃気が付いたか!!!)

私なんか、一度に四個くらい口に含んでも、
何ともないもの。

これがオチになるかと思ったら、
違うようだ。

ガムを噛んでもいないのに、
お腹が痛くなりだした・・・。

「ふわりんか」

お腹が、ふわりんか?


「つまらん! お前の話はつまらん!!」
(c)大滝秀治




2006年10月26日

06.10/26のDia-Lee:前後にしばらく遅れる?

JR東海道線、事故。
トラックの上のショベルカーが
踏切に転落。

結果、2時間半遅れ。
駅員が
「再開予定時間より、前後に
 しばらくは遅れるかも知れません」
とアナウンスしている。

前に、どうやったら遅れる事ができるのか、
と思いつつしばらくしたら、乗客に言われたのか、
言わなくなった。

いくら読むのが早いとはいえ、
約400頁の単行本の半分をクリアして帰宅。 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。