2007年03月12日

07.03.12のMOVIE TRAP:ブラックホール

blackhole.jpg

B級アクションの佳作です。
出だしから無駄な所がなく、
いささか強引ではありますが、
ブラックホールが登場し、
消滅させるまでのストーリーです。

知っている役者が一人も出ていませんが、
それなりに役になりきっているのも
好感が持てます。

博士も将軍も良い感じです。

個人的には途中からいなくなる
(ブラックホールに吸い込まれる)
女軍曹がテキパキ演じていて、
もう少し観ていたかったのですが。


てな事を、3年ぶりに「映画生活」
に書き込んでみました。

と言うのは誰もレビューを
書き込んでいなくて、
判官贔屓(ほうがんびいき)のELMとしては、
つい本業(ここ)を忘れてカキコしたのです。

いつものように、書き終わって調べてみたら、
どうやら「ブラックホール」という映画は2本あるらしく、
結構内容(特に出演者)がごちゃごちゃに
紹介されているようです。

もうひとつの「ブラホ」には、
マルコム・マクドウェルが
出演しているようです。

こっちの「ブラホ」には、先に書いたように、
少なくともELMが知ってる役者はいません。

一瞬、あの将軍役が
マルコム・マクドウェル?
と思ったりもしましたが、
返却済みなので確認が取れず、
ついにはじまったか、ネタ振り老人、
違う!!ネタフリ老人。

(出る訳ないよね、マルコム)

それはともかく、こっちの「ブラホ」
(イイですね「ブラホ」って言い方)には
「脂肪吸引」じゃない!!「地球吸引」
という、いかにもB級テイストの、
訴求力がある(きっぱり!!)サブタイトルが付いています。


posted by ELM at 18:49 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

03.03.07のMOVIE TRAP:ヨコハマメリー

yokohama-m.bmp

1ヵ月近くひとつの資料に
掛かりきりで、中断期間が
長かったので、とりあえず
マヨネーズ(赤い鳥逃げた)
2月の決算をして、お茶を濁す?
お茶を引く?

2月に観た映画は下記の通り。

・バックダンサーズ!
・愛より強く
・パッセンジャー
・16ブロック
・センチネル

・ベルリン・クラッシュ
・バブルへGO!
・ワイルド・ランナー
・イルマーレ
・親指さがし

・マグマ
・トランスアメリカ
・DOA 逃亡者
・DOA FINAL
・ワールド・トレード・センター

・ヨコハマメリー
・夜のピクニック


それぞれに面白いのですが、
bambiにまで薦めたのは
「ヨコハマメリー」です。

時期的、時代的に何処かで
「ザキ」ですれちがったはず、なのですが、
噂では知っていても、ELMに記憶は
ありません。

多分、当時のELM的には
記憶に残らない操作が行われた、
と思います。

(そう言えば、当時キネ旬に載った
 藤竜也のエッセイにザキを
 「伊勢崎町」と表記してあり、これは
 本人の勘違いか、編集の悪意か
 悩んだ事があります)

それはともかく、
不思議な事にbambiはヨコタカで、
パヒュームの店に二人きり、
かたや白塗り、かたやピンクハウスで、
意識し合いながらも時と場所を
同じくした記憶があるそうです。

店員さんたちは、
静かに固まっていたそうです。


この映画の凄い点は、
養老院に入ったメリーさんの
毅然としたたたずまい、です。

そして、後援したオカマ?の
ガンジロウさんの歌声のしみいる
深さです。


上手下手を超えて、
思い出しても涙が出るくらい、
PC画面がにじむくらい、
深い、のです。


断念と未練。
忘れたいけど忘れられない。


メリーさんが、あの白面でザキを歩き、
ザキの路傍で帰らぬ人を待って
日を紡いだ事が、なぜここまで
ELMの心に迫るのか?

その理由は、まだ、わかりませんが。
posted by ELM at 21:19 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

07.02.28のMOVIE TRAP:ゆれる

yureru.jpg

ネタバラシ、あります。

「ゆれる」は、確かに香川照之やオダギリ ジョーの
迫真の演技で迫ってくるが、致命的なミスデレクション、
デレクションミスが、あるように思う。

続きを読む
posted by ELM at 21:24 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

07.02.19のMOVIE TRAP:トランスアメリカ

transamerica.jpg

「トランスアメリカ」の事を
書きたいと思っているのですが
「トランスエルム」状態で、
若い女友達からのメールにもレスする
気力もないのです。

「トランス」には横断だけでなく
「酩酊」「混沌」という意味もあるのです。

女優が、女性に性転換したい男性を
演じているこの映画の「酩酊」と「混沌」は、
好き嫌いあるだろうけれど、
ELM的にはギリギリのところで傑作です。

後味が良いからです。
では、

(ああ、そうか、明日から今年の
 本番がはじまるからか・・・)

posted by ELM at 20:50 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

07.02.15のMOVIE TRAP:ふたたび「愛より強く」

「愛より強く」は、
尋常でない感銘をELMに
与えた。

それはひとえに、
主人公ふたりの
演技力による。

40代半ばのジャイトを演じる、
ビロル・ユーネルのひからびた
演技とプロローグと前半の最後に
鞘走る狂気。

からかう男を殴り倒す場面までの忍耐。
予想もできないスピードで爆発する暴力。


20代はじめのシベルを演じる、
シベル・ケキリの弾けるような
放埒と全編をおおう哀しい衝動。

押し潰された心で歩くシベルが、
からかう男たちに倒れても倒れても
頭突きをかまし、結局は刺される無軌道。



この偽装結婚夫婦の出会いと別れを、
色々に評する事はできるけれど、
ELMは思った。


この映画に、よくわからない点はあるけれど、
これは結局「移民」のかなしみだ。

人は、自分の人生を移民感覚で生きている。

強制的に?
どこからか来て、どこかへ去っていく。

違う。

どこからか連れてこられて、
どこかへ連れ去られる。

数々の受賞の意味は、そこにある。

そう、思う。

ブログは、楽しくないと受けない、
と何処かに書いてあったけど、
そんな事はどうでも良い。

観終わった時の、自分の長いためいきの意味が、
ようやくわかって、嬉しい。
posted by ELM at 21:03 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

07.02.14のMOVIE TRAP:リック・ベイカー来日

rick


夕刊を読んでいたら、
リック・ベイカーが来日したと
報じている。

慌てて調べたら、2月のはじめ
「アニマトロニクス」の初日のために
訪日、来場している。

でもって、今日が最終日だ。

ふざけるなA新聞!
ヒマネタに使うなよ
(芸能ネタは大抵そうだが)
リック・ベイカーを。

ネットを検索したら、
結構来日を知らなくて、
残念がっている人が多い。

ELMに限らず、一部のSFXファンにとって
(断じてVFXやCGではない)
リック・ベイカーは神様なのだ。

特殊メイクアーティストとして、
アカデミー賞に9回ノミネート、
6回受賞の天才職人だぞ。

数え上げたらキリはないが、
マイケル・ジャクソンの
「スリラー」もリックだ。

ウソをホントにするリック・ベイカーこそが、
ELMをホラー好き、特殊メイク好きにした張本人だ。

いつか書いたが、中学の時?高校の時?
本屋で「SFX入門」を買った時、
本屋のお姉ちゃんが嫌らしげに
ELMを見たけれど、その目線に耐えたのも
リックの仕事を見たかったからだ。

(「SEX入門」じゃないぞ「SFX入門」だ!!!
 スペシャル・エフェクツスだ!!!)

ああ、久しぶりに興奮してる。
posted by ELM at 21:01 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

07.02.08のMOVIE TRAP:愛より強く

ai-yori-tuyoku.jpg

えっ、どこの国の映画?
ジャケットの表しか見ないで借りると、
こういう事が起きる。


間奏曲のように挿入される、
トルコの歌曲の何とも悲しいような、
おかしいような響きに奇妙な感銘を受ける。

対岸の景色はイスタンブールか?

どうやらドイツの映画らしい。
しかもトルコ系ドイツ人の物語らしい。

わかるような、わからないような
部分(後半は何年後の話?子供は誰の子?)もあるけれど、
胸をえぐられた。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

07.02.04のMOVIE TRAP:バックダンサーズ!

backdancers.jpg


な〜んも考える必要がないだろうと、
お気楽な姿勢で観ていたらいつのまにか、
身体が勝手に動き出す

ELMって、ダンス好きだったんだ。
そういえば、昔は誘われてよく
仕事帰りに行ったもんです、
ディスコに。

もしかして、この映画
イケテルかも・・・。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

07.02.01:ぼくを葬(おく)る1月の映画決算

boku-okuru.jpg


1月の映画決算。


001.寝ずの番
002.エヴァンゲリオン 2
003.ワイルド・スピード
004.ドラゴン・プロジェクト
005.アローン・イン・ザ・ダーク

006.ワイルド・スピード2
007.ブギーマン
008.ぼくを葬(おく)る
009.24X-1
010.SAW

011.ジャケット
012.X-MEN ファイナルディシジョン
013.トリック 劇場版2
014.ザ・マークスマン
015.ハイテンション

016.チェイシング・ファースト
017.探偵事務所5 6(2本)
019.ウルトラヴァイオレット
020.マックス!!! 鳥人死闘編

021.笑う大天使(ミカエル)
022.探偵事務所5 7(2本)
023.ソウルトレイン
024.バタリアン5
025.マスター・オブ・サンダー

026.不撓不屈
027.グエムル 漢江の怪物
028.やわらかい生活
029.デトネーター
030.どろろ


昨年の2倍は、観ている。
しかし、面白いと思った映画は2分の1か?
昨年の方が、圧倒的に面白かった。


この中では「ぼくを葬(おく)る」が、
しみじみ良かった。


ELMは、もちろんノンケ(たぶん)だけど、
義母に似ているジャンヌ・モローの
ホモの孫に対するたたずまいに、
卒倒してしまった。

「超克」「超越」という言葉は、
この人のために、ある。

それに比べたら、
主人公の最後なんか、
半端だよね。

それでも、口中に夕陽を受け入れて
没入していく主人公は、空海か?


(またしても、わからない事を言う
 ELMですが、この映画の死生観は
 明るく開かれていて、退廃の匂いは
 しますが健全です)


祖母と孫が、やがて死ぬ意味で
似ているのなら、すべての人類は
似ています。


個々に違うのは、生き方、死に方、です。
時も場所も条件も選べません。

その意味で、この映画は、
思い返して強靱、です。
少しも悲しくないからです。


posted by ELM at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

07.01.31のMOVIE TRAP:どろろ

dororo.jpg


妻夫木聡が良い味を出している。
単なる二枚目ではない、
おどろおどろしさがあり、好感。

これがオダギリジョーだと、
もっと妖気が出たろうけど、
万人向けにはならなかった、かも。

柴咲コウも善戦しているが、
ちょっと頑張りすぎ、と言うか、
原作のどろろに近く演じた分、
何か観ている方が恥ずかしい熱演。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

07.01.30のMOVIE TRAP:不撓不屈

futofukutsu.jpg


思わず、衿を正し背筋が
伸びるようなタイトルです。

真っ向勝負の剛速球のような感じで、
その印象に間違いはなく、
この映画、直球勝負です。

好みは人それぞれですが、
嫌いではありません、
この映画のたたずまい。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

07.01.25のMOVIE TRAP:K林N彦は大丈夫か?

昔は、N原Y彦と名乗っていた、
事もある。

敬愛する映画評論家のひとりでは
あるのだけれど、よくわからない文章も
時々あった。

最近「父親たちの星条旗」をほめ
「フラガール」をけなす文章を読んで、
あれっ、と思った。

老耄、という言葉が浮かんだ。

少なくとも「フラガール」を
評するのに今村昌平を引き合いに出すのは、
ELM的には、卑怯だ。

比較するのではなく、
断罪するように書くのは、
フェアではない、と思う。

今時の若者は、などとは言わない人だと
思っていたのに・・・。

「パパは神様じゃない」が、
懐かしい。
posted by ELM at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

07.01.18のMOVIE TRAP:マックス!!! 鳥人死闘編

max.jpg


体技派のELMとしては、
ヤマカシ大好きです。

あの飛翔力、着地する時のバネ。
下半身から上半身へと衝撃を
逃がすセンス。

盛り上がって、
燃え上がって、
気がつけば体が勝手に
動くほど気に入っています。

ああ、それなのに、それなのに。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

07.01.16のMOVIE TRAP:ウルトラヴァイオレット

ur-v.jpg

今日は環境保護のために
死力を尽くしましたので、
ミラを観ます。

映画館に次いで二度目ですが、
無性にミラを観たい日です。


ミラは、問答無用のアクトレス、です。
そこが気に入っています。
posted by ELM at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

07.01.13のMOVIE TRAP:ジャケット2

精神病院で、なぜか変な治療を
受けるエイドリアン。

注射を打たれ「引き出し」に閉じこめられる。
字幕は「引き出し」って訳していたけど、
どう見ても死体安置ロッカー。

閉所恐怖でなくてもイヤ。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

07.01.12のMOVIE TRAP:ジャケット

jacket.jpg


情けないエイドリアン・ブロディの
顔を見ていると、共感する時と無性に
腹の立つ時が、ある。

確かに上手な役者さんなのだけれど、
傍にいたらいじめてやりたくなる、時がある。

今回は、後の方。
ああ、イライラ、する。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

07.01.08のMOVIE TRAP:SAWふたたび

re-saw.jpg

「SAW2」が10本以上棚にあるのに、
第1作の「SAW」は数本しかない。

あれっと思ってつい借りてしまった。
劇場で1回観て、今回はDVDで2回目。

観終わって、映画館というスクリーンに
向かい合うしかない暗闇とラップトップに
したノートPCの画面を明るい部屋で観る
のでは、感想も違う。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 18:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

06.12.28のMOVIE TRAP1:アルティメット

arutimet.jpg

ここ数年、思いつきだけで
製作・脚本していると思っていた
リュック・ベッソンですが、
ようやく一歩前に出る作品を
仕上げてくれました。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

06.12.27のMOVIE TRAP:ファイナル・デッドコースター

final-ded.jpg


ELMお気に入りのよくできた
B級ホラー第3作目。

まさか前作の邦題が「デッドコースター」
だったから今回のタイトルと内容になった?

それならそれで面白い。
しかし、ジェットコースターで1時間半を
持たすのはキツイのでは、と思っていた
ELMはおバカ。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

06.12.25のMOVIE TRAP:ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT

tokyodrift.jpg


1も2も観ていないのに
「ワイルドスピード×3」を借りたのは、
続いて「TOKYO DRIFT」ってなっていたから。

ぶっ飛びましたね!!
メチャ、面白いのです。

つづきはこちらから。↓

http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。