2007年10月09日

07.10.09のDia-Lee:大井川鉄道とか掛川花鳥園とか・・・

・・・の話を書こうとしたのです、今日は。
(先週、行って来ました)

で、帰宅中「メンタルヘルス検定」の勉強も
厭きたので、電車の中でカバンに
入れっぱなしの週刊文春を出したら、
何か変です。

10月4日号です。
週刊誌の発行日は1週間先行です。

(月刊誌は1カ月先行です。
 なぜこうなったかと言えば出版界の
 慣例で、日持ちの問題です。
 まあ、錯覚の奨励ですが)

ですから、今日持っていなくてはならないのは、
10月11号でなくてはいけないのです。
しかし、旅行中だったので、買い忘れたのです。

本題は大井川鉄道でも、
掛川花鳥園でもなく、10月4日号に
なっていきます。


連載の「テレビ健康診断(青木るえか)は、
好きなコラムです。

今回は「芝居が上手いと言われる人が
上手いとは思えない」で、対象は
仲代達矢です。

納得。

それは良いのですが、
その4頁後の「この人のスケジュール表」に、
当の本人が載っているのです。

こういう編集方針、って言うか編集って、
単なる手違い? 嫌がらせ?

この欄は、どちらかと言えば宣伝なので、
余計心配なのですが。

ちなみに、サブタイトルが「還暦の芝居派」に
なっていたので、そんな事はないだろう? と
見返してみれば「遍歴の・・・」でした。

文中「僕には役になり切ることはできないと
常々思っていて」とあり、オチにもならない。


ロッキーでスタローンで、
ランボーでスタローンである事の
凄さを感じてしまった。


クロサワが「影武者」でカツシンを
生かしていたら・・・と突然。
posted by ELM at 20:59 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | site4:その日暮らしのDia-Lee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。