2007年08月01日

07.08.01のBOOK ON:橋本忍「複眼の映像」

黒澤明作品の共同脚本の秘密が明かされる。

特に決定稿は、三人なら三人のライターが
同一!シーンをヨーイ、ドン!で書きはじめ、
その中から取捨選択すると知り、ただ驚く。

分担ではないのだ。

取材原稿を元にまとめるアンカーでもなく、
下訳を元に仕上げる翻訳家でもなく、
下書きを元に決定稿を作る作家でもなく。

「複眼の映像」と題する訳がわかる作品。

海外の映画祭で一番質問されるのが
「生きる」のシナリオに関して、
と言うのが面白い。
posted by ELM at 06:06 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。