2007年07月24日

07.07.24のDia-Lee:朝顔にタイヤとられてJAF

奇妙な日でした。

どうしても佐藤 優の「日米開戦の真実」が
見つかりません。

これほどまでに執着する作者は、
久しぶりです。

アマゾンで注文すれば手に入りますが、
届くまでの日々が待てません。

市立図書館のHPにアクセスします。
今は在庫検索も予約もできるのです。

本館には、ありません。
分館にあるとわかります。

予約しても、今日は手に入りません。
時々、このように「待てしばし」のない
状態になります。「片翼だけの天使」状態です。

意を決して愛しのミラジーノに乗ります。

エンジンが、掛かりません。
バッテリー上がりです。

そんな莫迦なと思いつつ、
動かないものは動きません。

家に戻って悶々と1分。
JAFへ電話します。

えっ、自宅からJAF?
初めてですが、実はよくある事、
らしいのです。


今、混んでいるので45分くらい掛かります、
と電話口の担当者は言います。

良いですよ。

ところが20分くらいでメカニックから
携帯へ電話がありました。

今、三丁目の「ローソン」の所にいます。
誘導してください。


三丁目にローソンは三件あります。
他に何が見えますか?
文教堂とその先にバーミヤンが見えます。

会話を聞いていたbuta-mushiが地図を広げます。
普段は反抗的なのに、良い奴です。

何とか道案内し、あっという間に
エンジンが掛かり、訊きます。

どのくらい充電すれば良いですか?
バッテリー替えた方が良いですか?

1時間、う〜ん、2時間エンジンを切らなければ、
たぶん、大丈夫でしょう。

腕時計のタイマーをセットし、
佐藤 優の「自壊する帝国」を読みます。

2時間後、ジーノを車庫から出したら、
bambiが笑っています。

降りて指さす方を見たら、
後輪に朝顔が絡まっています。

思い出しました。

数週前? タイヤに朝顔が絡まっているよ、
と聞いて、つい出不精になっていたのでした。

この日は、さらにいろいろあったのですが、
佐藤 優の「日米開戦の真実」は、
今、手元にあります。

おしまい。
posted by ELM at 21:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | site4:その日暮らしのDia-Lee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49098286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。