2007年05月26日

07.05.26のメンズアンアン:ファッションカラーコーディネイト

嶽本野ばらの「変身」は、
また後日です。

今夜は、この話がしたいのです。


ELMは仕事柄、普通の人よりは
色には詳しいかも知れません。

でも、この世界は、どちらかと言えば、
まだまだ女性の分野なのですね。

だから、理論面の基礎は作ったけれど、
担当するのは女性のスタッフに任せています。

日本人の肌の色は、
大きく分けてピンク系とオークル系に
分類できます。

ここから先は、もう少し詳しく
説明しないとわからないのですが、
ピンク系にはブルーベースのカラーが、
オーク流刑、だから違うって!!
オークル系の肌にはイエローベースのカラーが
似合います。

だから、個々人の肌色ベースに合った
ブラウスやワイシャツを着ると、
顔色が冴えたり調和したり、健康的に見えたり、
仕事できそうな印象を第三者に与える事ができます。


そんな事をわが女性スタッフが、実演をまじえて解説し終えたら、
突然教壇?にELMを呼び参加者に紹介します。


ELMさんは見てわかるようにオークル系ですが、
色彩の講義に限らず、普段からイエローベースの
カラーコーディネイトです。

今日はイエローベースのグリーンのワイシャツで、
同じくイエローベースでトーンの違うグリーンのタイです。

あれっ、それはその柄は熊の親子ですか?


えっ、そうなの?
手にとって確かめます。

漫画のような、小ぶりですが、
熊の親子のデザインがまぶして、あります。


全体の印象で買ったので気づきませんでした。
漫画チックな小さなイコンが散乱しています。

悟りました。

色彩への多少の審美眼はあるようですが、
造型を把握する立体視は、かなり疑問です。

だって、買ってから、半年は経っています。
posted by ELM at 21:07 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | site7:メンズアンアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42974533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。