2007年05月16日

07.05.16のBOOK ON:中島らもの「君はフィクション」

kimi-fic.jpg

最近の物書きで、ちかいなぁ〜、
わかるな〜、にてるなぁ〜と思えたのは、
ひとりは色川武大。

「怪しい来客簿」は、
少しも怪しく思えなかった。

異形を生きる腹のくくり方は、
全然及ばないけれど、
何か、近いものを感じている内に、
東北へ転居した途端、逝去。


もう、ひとりは、中島らも。
単に敬弔景気とは思えない出版ラッシュの中で、
この本を見つけた。

ホラーあり、不条理あり、
中津川あり、戯曲あり、グログロありの
バラエティてんこ盛りなので、
らもの才能の高低、振れ幅の大きさが満載で、
あきない。

でも、蒙を啓くのは、
愛娘、中島さなえによる解説? 弔辞?

単行本で5頁の、その文章を、
何度も何度も読んで、10回近くは読んで、
そんな事は今まで一度もなかったのに、
さらに読んで、ELMの中でらもは成仏した。

ありがとう、らも。

掲載作の中では
「バッド・チューニング」が正統で、
異端で、らも的には破綻だね。
posted by ELM at 21:01 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41994316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。