2007年05月04日

07.05.04のえせ・エッセイ:昨日は憲法記念日

dirty-harry.jpg


基本的には、政治と宗教と野球の話は、
しないようにしています。

清順師の教えです。
仲違いする確率が高いからです。
もっと言えば、喧嘩する確率です。

「けんかえれじい」の監督とは
思えない発言ですが、
けんか=えれじい、という発想が
先の大戦で生き残った師の
心の奥の方にあるのかも知れません。

さて、sakurakoさんがオファーした
憲法見直しの話ですが、
新聞には「憲法改正」と書いてあります。

おいおい、ELMのブログではないのだから、
勝手に「改正」なんて書くなよな、
と思いますが、それはともかく
「ダーティ・ハリー」を観て、
もちろん第1作ですが、
映画の中で「憲法修正何条」という
セリフがあります。

その時、あっ、修正して良いんだ、
と思いました。

憲法も法律も所詮は言葉です。
だから判決は、ころころ「変えられ」ます。

言葉は十全に意味を伝えないのです。
言霊なんて、嘘です。

もっと言えば、
言葉に魂を込められる人と
込められない人がいるのです。

話を戻して、改正でも改悪でもなく、
より実用的に、言葉が通じるようにするために
修正する必要があるのなら修正すれば良いのです。

二元論で済むように、世の中を考える人は、
幸せな人だ思います。

明治政府の日露戦争を金銭面で支えたのは、
ユダヤ資本という話があります。

日本国憲法の作成を理論面で支えたのは、
アメリカ系ユダヤ人という話が、あります。

説、では、ありません。

事程左様に、真実の掘り起こしは面倒で、
為にする意見かどうか、発言するご本人さえ
意識していない場合が多いのです。


ELMは今日、ようやく
「最悪の戦場に奇蹟はなかった」を
買いました。

人を殺した人の真実がある本です。
ようやく買いました。

昭和史探訪を、ようやく
虫の眼で観る勇気ができたのです。

鳥の眼、虫の眼、魚の眼で、
時代を観極めていきます。

まだ、間に合うと直観するからです。
posted by ELM at 21:32 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | site6:えせ・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sakurakoに難しい回答ありがとうございます。なるほど、そうかあと妙に納得してしまいました。また、政治と宗教と野球の話は親しくない限りしてはいけないと、sakurakoも先輩からかつて教わったことすっかり忘れていました。ELМさん失礼致しました。しかしながら、ELМさんの奥の深い、的確な回答にまたもや感心させられてしました。ELМさんのブログの内容が、いつも難しいのに読みたくなってしまう所以です。
Posted by sakurako at 2007年05月05日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40791762

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。