2007年04月26日

07.04.26のえせ・エッセイ:水に似た感性

gadara.jpg


らも、の「水に似た感情」を読んでいたら、
ある女性の事を思い出しました。

ELMより、たぶん10個くらい上で、
今の仕事に専従する前、
週に3日程、本社の8F会議室で、
ひとり、調べ物や資料作りをしていると、
3時には必ずコーヒーを持ってきてくれた、
女性です。

お酒が好き、という噂が、ありました。
アル中、と言う人もいました。


らも、の「ガダラの豚」を読み終わって、
隣の書庫に置いたら、めざとく見つけて
誰が置いたの、と訊いて、
ELMだと言ったら、妙に納得した様子が
印象に残っています。

その後、彼女は退社し、
8Fもやがてレイアウトを変え、
システム管理課が大きなスペースを
占めるようになりましたが、
規模は小さくなったものの、
食堂は残りました。

ELMは、その食堂のいつも
同じ場所に座って昼食をとります。

その席に、誰か他の人が座っていると、
妙に不機嫌になるのに、気づきました。

理由は昨日まで、わからなかった、のですが
らも、の「水に似た感情」を読み終わって、
気づきました。

その場所は、あの時、
ELMが座り、彼女がコーヒーカップを置いた、
その同じ場所、だった、のです。

posted by ELM at 20:53 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | site6:えせ・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。