2007年02月07日

07.02.07のBOOK ON:ふたたび「映画翻訳入門」

eiga-honyaku2.jpg

「愛より強く」の事を書こうと思ったのですが、
今日は何と、読み終わるのに2週間も費やした
「映画翻訳入門」ふたたび。

ELMは高校3年まで英語はさっぱりで、
それはひとえに特に英語の先生が
嫌いだったからで、ゴルフバックを
通勤車のトランクに入れっぱなしの方とか、
何かと言うと進駐軍(古ぅ!)の通訳での苦労話が
出てくる方とかが多かったせい。(と、今日は全て他人のせい)

苦労しないと、物事が成就しないと言う思想は
嘘っぽい。

苦心は人を育てる、ならわかるけどね。

とは言うものの、今でも英語はさっぱりで、
この本に出てくる英文を読んでも素訳さえできない。

それでも、ここに書かれたノウハウは凄い、と思う。
翻訳(仕事)の心・技・体がきちんと書かれている。

映画翻訳(またはプロのリーマン)をめざしている人には、
おすすめです。


特に気に入ったのは、岡田壯平さんのテキスト。
ワンフレーズずつ、スクリプト→素訳→字幕→ポイント、
の順になっているので、今までで一番読みやすい、
わかりやすい。


あとがきも、洒脱で面白い。
著者紹介を読んでいたら、
書き手の佐藤一公さんは、
今年72歳で、書いた歳は70歳。


「また全文に目を通し、業界側から
 の厳しいチェックを入れてくれた
 河合敦之さんに謝意を表します。 
 そもそもの言い出しっぺなのでそ
 れぐらいは当たり前っちゃ当たり
 前なのですが、一応大人の社交辞
 令として、ありがとう」


こういう屈折した、あたたかいお礼が言える
キャラに歳を取りたいね。
posted by ELM at 21:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメントさせていただきます!!!
遠くのほうから飛んできました(笑)
応援させていただきます!
これからも時々とんで来るかもしれないんでよろしくです♪
私のブログにも遊びにきてくださいね♪
Posted by 黒服@かずき at 2007年03月29日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33141484

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。