2006年09月28日

06.09.28のMEMO乱DUM(錯乱狂気?):卒業の慣らし運転

降りる駅が近づいて来たので
「戦略の本質」を適当な頁で閉じ、
前を見たら、前作の「失敗の本質」の
文庫本を読んでいる人がいる。

シンクロニシティ?

その途端、尾崎豊の「卒業」の
最後の歌詞を思い出す。

ようやく、思い出す。
昨年の今頃か? 同窓会で
初めて唄い、歌詞なんか覚えない人だから、
この1年、時々あれっ、何だっけ、と思いつつ、
調べもしなかった。

「この支配からの卒業」だった。

魂の底まで降りて、
今の懸案事項の解(卒業)を探っているのだが、
出てこない。

まだ底では、ないのだろう。

戦略より政略。
丸く治まる政略は、どこだ。

どこだと言えば、次の休みは箱根だが、
車で行くべきかどうか、まだ悩んでいる。

慣らし運転が、済んでいない。
奈良市運転、と変換した。

どうやって?
どうやって奈良市を運転する?

いかん!!
このままでは終わらない。

「錯乱狂気」が洒落でなくなる。

強制終了。ブチッ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。