2006年08月29日

06.8/29のCUSTOMER SATISFICTION:サービスの達人



中谷彰宏の事を、本書きすぎ、
自分で書いていないだろう、
と言う人もいるが、そんな事は
関係ない。

魂にヒットするか、
フィットするか、だけだと思う。

ELMには、ヒットするしフィット、する。

まえがきの一行。

「サービス精神とは、まわりの人を幸せにする魔法です」

目次。

1.「マニュアルを下さい」という発想を捨てよう。
2.苦情は、20年間話続けられる。
3.サービスとは、心のとげを抜くことだ。
4.大きな不満を解決するより、小さな我慢を解決しよう。
5.自然にあいさつができて、自然な笑顔ができる人が成功する。
6.日常生活を変えれば、サービスは変わる。
7.「できるか、できないか」では、サービスはできない。
8.間違うことを前提に考えるのが、サービスだ。
9.失敗したら、改善する。成功しても改善する。

あとがきの一行。

「人を幸せにすることが楽しい」ということが、
サービス精神なのです。


他に言う事は、ない。
スタッフは幸せ、だろうか?
家族は幸せ、だろうか?

同じ業界で、お前、それは嘘だろう、
という人物がいないわけでもないが、
ELMは行為主義なので、検証は怠らない。


それはともかく、みんな、発言内容は真実を突いている。
posted by ELM at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | site11:CUSTOMER SATISFICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されておりま