2006年03月21日

3/21のグルマン民族:カレーミュージアム

s-curry-m.jpg


横浜伊勢佐木町の「カレーミュージアム」に
はじめて行きました。

高校の3年間、ぷらぷらした街とはいえ、
今は全然土地勘がないのですが、ザキを入った
すぐ左に目的の場所はありました。

エレベータで8Fへ。
MCの案内を聞いて、いざ。

「パク森」で「パク森カレー」を頼みます。
お試しのハーフをふたつ。

野菜の甘みでしょうね、辛くありません。

隣に坐ったアベックを気にもせず、ぱくぱく。
だから「パク森」?

アベックは、注文が出て、すぐに出ました。
「えっ?」

隣を見たら、一口二口の跡を残して手つかず、です。

bambiを見たら「手を合わせてお祈りしてたよ。気付かなかった?」

食べるのに夢中で、気付きませんでした。

次は「ハヌマーン」です。
「チキンカレー」のレギュラーを頼んでふたりで分けます。
ナンも頼みました。

名前、忘れましたが、ビールも頼みました。
センベイのような、おつまみが出ました。

いろいろな香辛料が混じって、特定できませんが、
結構、いけます。

本場のカレーと言えば、チキンです。
ナイフはないのですが、スプーンでさくさく裂けます。

ナンを浸して食します。
あっ、あっ、あっ、と至福が訪れます。

次は、どうしましょう?

1階下の7階に降り、回遊します。
感じの良いウエイトレスが、ELMの顔を見て
「こんばんは」と言いかけて「こんにちは」と言い換えます。

「ラーメン博物館」のように外光が入りませんから、
勘違いしたのでしょう。

しかし、ELMって、夜顔、なの?
(昼顔はカトリーヌ・ドヌーブ、ね)(寒っ)

今度は「King ドリー」で「カシミールカレー」の
お試しサイズをふたりで分けます。

辛い!!! 旨い!!! うっ、うっ、うっ。

深くて広い辛さです。
香辛料、特定できそうで、できません。

ここで気が付きました。
最初の店にバックパックを忘れた事に。
そんな事、絶えてなかった事です。

美味礼賛。
posted by ELM at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | site3:グルマン民族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。