2006年03月07日

3/7のえせ・エッセイ:エゴグラム

必要があって、交流分析のエゴグラムをやってみた。
エゴグラムは、自分の中の五つの心を分析する。

CP(Critical Parent: 批判的な親)

NP(Nurturing Parent: 擁護的な親)

A(Adult: 大人)

FC(Free Child: 自由奔放な子ども)

AC(Adapeted Child: 順応したこども)

その時々の心の状態によって、各傾向の%は
変化するのだけれど、ELMの場合、
いつもA(Adult: 大人)の%が低く、
グラフがほぼV字になる。

「長短同根」と言って、プラスに出る場合、
マイナスに出る場合があるから、あまり気にしていない。

プラスに出る時は、自由奔放。
マイナスに出る時は、子供じみてる、かな。

このブログにも、その傾向がランダムに出現するので、
読者の方は、驚いたり? 呆れたり? しているのではないか、
と朝早くから愚考しているのでした。

計11回のセミナー、今日は9回目です。
この人の仕事は、一体、何なのでしょうか?

posted by ELM at 04:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | site6:えせ・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。