2006年01月08日

1/8のえせ・エッセイ:淀川長治2・ELMの好きなおじいちゃん

yodokawa2.jpg

BOOK ONとクロスオーバー、
するのだけれど・・・。

橋本治「ああでもなく こうでもなく」

なぜ、今までの「知のあり方」が揺らがなければならなかったのか?
それは、「知のあり方」がちっとも楽しくなかったからだ。

「楽しむ」の一言を結実させるためには、どれほどの教養が必要か
 ―それを語るのが淀川さんだと思う。


と言うわけで、楽しく教養を語る。
または、教養を楽しく広める。

ELMが淀川さんを好きなのは、だから、だね。
そういうおじいちゃんに、なりたいのだ。

「可愛いおじいちゃん、おばあちゃんに、なろう」

これ、プ***ズの言葉ね。


posted by ELM at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | site6:えせ・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【書名】 ああでもなくこうでもなく
Excerpt: [一覧] 書籍一覧 【シリーズ】 ああでもなくこうでもなく 【書誌目次情報】 ああでもなくこうでもなく [マドラ出版 2000/03/01] この本の要約 † ↑関..
Weblog: PukiWiki digital-momonga (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Tracked: 2006-01-19 16:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。