2005年12月25日

12/25の阿呆リズム:冬山で遭難したら・・・2

「冬山で遭難したら、まず眠る事だ」

その続き。
2週間も過ぎてから、
思い出す、なんて・・・。

「雪山」ではなく「冬山」なのが、
 キモ、だと思う。

雪が降りはじめたり、気温が下がったら目覚める。

「目覚めたら、死んでも眠っては、いけない」

南極越冬隊長だった、
西脇順三郎の言葉は、そう続いていたように思う。

まず、体力を温存した方が、
自然相手の消耗戦を永らえるには好適の戦術だと、
小学生のELMは思ったのだと思う。

今のELMの生き方に、
反映されている?

それは、ともかく、
ELMのクリスマス・メッセージ、
です。

今日、よ、来い。
もう、十分に、冷えている、
寒い、時間です。
posted by ELM at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | site5:阿呆リズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。