2005年12月09日

12/9の阿呆リズム:冬山で遭難したら・・・

「冬山で遭難したら、まず眠る事だ」

南極越冬隊長だった、
西脇順三郎の言葉だと思う。

小学校の教科書で、
読んだ記憶がある。

その発想の、
実体験に基づいた発言が、
記憶に残った。

幸い、試す機会はないけれど、
寒くなると眠くなるのは、
その時の後遺症、かも知れない。

眠い時は眠るが良い。
泣く時は泣くが良い。

生きたい時は生きるが良い。
消えてしまいたい時は、消えるが良い。

甦る、その日、その時、
その一瞬、のために。


甦るから、眠りは生きる。

永劫は一瞬、
一瞬は永劫。

それでも、言葉は、残る。


おかしいな。
「日本人のこころ(2)」の
予定、だったのですが。

posted by ELM at 21:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | site5:阿呆リズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉は時として空回りし、混乱の二文字だけを遺します。
それでも一瞬の煌きを求めて、、、眠るしかないかな???
Posted by kyo at 2005年12月10日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。