2007年09月29日

07.09.29のDia-Lee:巾着田の曼珠沙華

p1060460.JPG


微熱があり、寒気もするのに
2〜3年前から行こう行こうと
言いながら、腰を上げる事が
できなかった巾着田に、
発作的に行って来ました。

昨年までは気がつきもしなかったのに、
電車内に貼られたポスターの赫々とした
朱色に魅せられたのです。

空は今にも泣き出しそうな模様です。
でも、突然待てしばしのない状態になる
ELMには関係ありません。


乗り換え3回、2時間半の行程を終えて、
いざ高麗の駅に降りる直前、雨です。

こういう運命は慣れています。


澄んで冷たい高麗川のほとり。
絢爛とも兇悪とも見える曼珠沙華の乱舞です。

彼岸付近に咲く事から、
死人花とも赦免花とも、
うろ覚えながら
200の異名を持つと言われる
曼珠沙華の絨毯です。


今日の3時休憩に、
この禍々しくも麗々しい花の美しさを
話そうとしました。

商品部の血気盛んな若手が
「巾着田の」と言ったら興奮し
「曼珠沙華」と言ったら悶絶しました。

訳がわかりません。

あれ、こんな終わり方、予定してなかったのに。。。

(写真はbuta-muchiが撮影しました)
posted by ELM at 21:10 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | site4:その日暮らしのDia-Lee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

07.09.28のMOVIE TRAP:あなたになら言える秘密のこと

観ていない人には観たい気にさせる。
観た人には、そうそう、と言ってもらいたい。

ELMのレビューは、だから、ストーリー紹介は、しない。


相手が、見えないティム・ロビンスだからこそ、
心と体の傷を見せるサラ・ポーリーの演技には、
息が止まり筋肉が突っ張った。

ティム・ロビンスのように嗚咽する。
だって、それは、友人のハンナの名を借りた自分史。


そして、ラストシーンが、ハッピーエンドになるのか、
そうではないのか?

これほどドキドキ考えた映画は、過去になかった。

サラ・ポーリー。

硬質なのに情感があり、
情感があるのに脆弱ではない。

ティム・ロビンスの食べ残しを
むさぼる場面の異様な迫力は、
映画史に残ると思う。

失ったものを、最初からなかったものにして
生きて来た堰が、一気に決壊していく様を、
これほど顕著に演出する、演技できる。


この監督と女優のシンクロは凄いと思う。







posted by ELM at 21:10 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07.09.28のMOVIE TRAP:アンフェア

シナリオが、アンフェア、と一刀両断。

篠原涼子は良いのだけれど、
あのメイクはないでしょう。
posted by ELM at 05:26 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

07.09.27のDia-Lee:携帯が位牌に見える

気がつけば前回から1ヵ月近く過ぎている。
と言うか、測った訳でも謀った訳でもないが、
ほとんど正味1ヵ月。

1ヵ月は早いし1年も早いし、
10年も20年も早い。

終わった事は、なかったも同然という
無反省、無自覚、無政府主義のELM。

それはともかく、携帯禁止の
車掌のアナウンスはもはや寝言、
雑音同然の車内で携帯を使う人は、
増える一方。

もちろん、電話として使っている人は少なく、
メール、ゲーム、ニュース、中にはエロサイトまで
見ているアホもいる。

共通しているのは、
立てて見ているその携帯が位牌に、
見える事。

打ち込んでいるのは、
自分の戒名か遺言か?



そう言えば、13号倉庫さんのブログに
「テロとクソ法」と書いてあり、
久々に彼の言語感覚に喝采してしまった。


優れて批判的で正鵠を炒る、違う!
射る鋭い言葉の矢は今だ健在。


と言う訳で、試験が終わったbuta-muchiが
寝ているので、久々の再開。
posted by ELM at 21:32 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | site4:その日暮らしのDia-Lee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。