2007年01月31日

07.01.31のMOVIE TRAP:どろろ

dororo.jpg


妻夫木聡が良い味を出している。
単なる二枚目ではない、
おどろおどろしさがあり、好感。

これがオダギリジョーだと、
もっと妖気が出たろうけど、
万人向けにはならなかった、かも。

柴咲コウも善戦しているが、
ちょっと頑張りすぎ、と言うか、
原作のどろろに近く演じた分、
何か観ている方が恥ずかしい熱演。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

07.01.30のMOVIE TRAP:不撓不屈

futofukutsu.jpg


思わず、衿を正し背筋が
伸びるようなタイトルです。

真っ向勝負の剛速球のような感じで、
その印象に間違いはなく、
この映画、直球勝負です。

好みは人それぞれですが、
嫌いではありません、
この映画のたたずまい。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

07.01.26のグルマン民族:イチゴ

ichigo.jpg


食後にイチゴが出ました。

ELMは、どちらかと言うと
何でも食べられますが、
味覚は多分過敏な方で、
お米のブランドが変わっても、
お水の量が違っても、
いつもと違うお店のお刺身が
出てきてもわかります。

この質は、buta-muchiも引き継いでいて、
帰宅後彼と同じ感想を言って、
bambiを呆れさせます。



会社の昼食は、東京でも有名な
お弁当屋さんの仕出しですが、
食後時々お腹が緩くなりますから、
あまり量を摂りません。

それはともかく、
今日のイチゴはbambiが寄り合いで
農家の人からいただいたもので、
小ぶりですが昔の酸味と甘みのある
イチゴでした。

味を伝えるのは難しいのですが、
感動を伝えたくてブログ連射です。



無関係に能書きを垂れますが、
賞味期限を決めるのは、
自分の舌です。


posted by ELM at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | site3:グルマン民族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07.01.26のBOOK ON:映画翻訳入門

eiga-honyaku.jpg

まだ読み終わっていないけれど
「映画翻訳に関するあらゆる情報を網羅した
 他に類をみない一冊と言えるでしょう」
と言う「はじめに」の文言は嘘でないと思える。

バックを東北新社の「映像テクノアカデミア」が
支えているだけあって、大言壮語ではない。

清水俊一、戸田奈津子さんの本、その他も読んだ事は
あるけれど、この本は実用的。

「フリーズ(止まれ)」も「カーム ダウン(落ち着け)」も
「コピー ザット(了解)」も映画で知った。

(自慢できる程度の語学力ではないね)

海外留学する人は、映画をしこたま観てから行こう。

テキストになっている映画も、
バラエティ豊かでセンスが良いと思う。

どんな映画があるかは、手に取ってからのお楽しみ。

posted by ELM at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

07.01.25のMOVIE TRAP:K林N彦は大丈夫か?

昔は、N原Y彦と名乗っていた、
事もある。

敬愛する映画評論家のひとりでは
あるのだけれど、よくわからない文章も
時々あった。

最近「父親たちの星条旗」をほめ
「フラガール」をけなす文章を読んで、
あれっ、と思った。

老耄、という言葉が浮かんだ。

少なくとも「フラガール」を
評するのに今村昌平を引き合いに出すのは、
ELM的には、卑怯だ。

比較するのではなく、
断罪するように書くのは、
フェアではない、と思う。

今時の若者は、などとは言わない人だと
思っていたのに・・・。

「パパは神様じゃない」が、
懐かしい。
posted by ELM at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

07.01.24のBOOK ON:きちんと生きてる人がやっぱり強い!

kichinto.jpg

ジーンズか日本旧陸海軍の話を
しようと思っていたのですが、
今夜はこの本の事を一番に思いました。

サブタイトルは
「胸を張って『愚直』に生きてみないか」

ELMがきちんと生きている人かどうかは、
正直、自信ないと言うか、言い切るほど
図々しくないけれど『愚直』には生きている。
(どのくらい『愚直』に生きているか書くと
 12年は掛かるので、省略)


次の文章には、特に共感した。

「イマイチの人は
『商売はモノを売ること』と考えるが、
 きちんと生きてる人は
『人に喜ばれるモノを売ること』と考えるので、
 お客に長く愛される」

しかし、出来れば「お客様」と書いて欲しかった。
(あっ、これって二重敬語で、
 こっちの方がおかしいのか?)


ところで、隣人Bよ。
今更だが、buta-muchiが
N-ゲージ欲しい、と言っているの。
posted by ELM at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

07.01.23のBOOK ON:悪魔が来たりて唾を吐く

最近、旧陸海軍、大東亜戦争の瑕瑾から、
日清、日露戦争、幕末までに及ぼうかという、
読書三昧です。

こういう読書傾向は、
今までなかったのですが、
何かが呼ぶのです。

いつもの直観です。

わかりやすく言えば、
水清ければ魚住まず、です。

ヒステリック、です。
ファシズム、を感じます。

近・現代史は、この100年の歴史は、
日本の一部の史観は、どこか変です。

それが、主流を占めそうな世相です。

悪魔が来たりて笛を吹けば、
誰かが踊るでしょうが、
唾を吐けば、誰かが汚れます。

2007年01月22日

07.01.22のメンズアンアン:bambiがジーンズを買えばと言った。

j-eans.jpg

着替えていたら、bambiが言います。
「ジーンズを買えば」

前にも書きましたが、
ジーンズはもう10年以上、
身につけていません。

中年、初老に限りませんが、
ウエストが太くなった人が
ジーンズをはくとお尻にシワがよります。
後ろ姿に覇気がなくなります。

あれは、ELMの美意識に反します。
自分では見えなくても、許せません。

だから、少しルーズなパパス風コーデュロイが、
この10年のお気に入りなのです。

bambiの発言を受けて、
自分で思っているほどには太ってないの?
と思ったら、追い打ちです。

「凹凸がないよ」

げっ!、
よく見ればコーデュロイのアップダウンが
ダウンダウンになっています。

ようやくわかりました。
もっと長持ちするジーンズにせい、
というお託宣なのです。



ジーンズと言えば、
初めて買ったのが中学の時で、
まだリーバイスもボブソンも
エドウィンもビッグジョンも
横浜の田舎町の洋品店にはなかったのでした。

しかし、何でジーンズの事を知ったのだろう?
長くなりそうなので、今日はこれまで。
posted by ELM at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | site7:メンズアンアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

07.01.18のMOVIE TRAP:マックス!!! 鳥人死闘編

max.jpg


体技派のELMとしては、
ヤマカシ大好きです。

あの飛翔力、着地する時のバネ。
下半身から上半身へと衝撃を
逃がすセンス。

盛り上がって、
燃え上がって、
気がつけば体が勝手に
動くほど気に入っています。

ああ、それなのに、それなのに。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

07.01.17のDia-Lee:My箸購入

事情があって箸を買いました。
お昼時の割り箸からの転向です。

何と割り箸の90%は、中国産です。
そんでもって彼の国は森林を丸ごと伐採して
割り箸を作り、日本に輸出しているそうです。
豪快な国です。

日本のように端材や間伐材を使っているのでは、
ないのです。

しかもその後、植林していないそうです。
結果、豪雨になると洪水が発生するのです。
「バタフライ・エフェクト」です。

中国人民を災禍から守るためにも、
割り箸はやめなければなりません。

こんな展開で、
このブログが終わる訳がありません。
以下、例によって実話です。

箸箱も買いました。
持ち帰って開封したら、箸箱が短いのです。
箸が長いとも言います。

箸にサイズがあるなんて・・・。

短い箸を買いに戻りました。
残った箸は、どうしましょう。

えっ、取り替えなかった、のかって?
そんな、取り替えるなんて、恥ずかしい。

実は、気に入ったのがなくて、
他の店で買いました。

あっ、オチが出ません。
中国人民でやめれば良かった・・・。


ちなみに、包装には「日本製」と
印刷してありました。

それはともかく、
割り箸をやめれば、
中国の環境破壊が減るのです。

それって、中国の責任だよね。

買う方がいけないの?
売る方がいけないの?

2007年01月16日

07.01.16のMOVIE TRAP:ウルトラヴァイオレット

ur-v.jpg

今日は環境保護のために
死力を尽くしましたので、
ミラを観ます。

映画館に次いで二度目ですが、
無性にミラを観たい日です。


ミラは、問答無用のアクトレス、です。
そこが気に入っています。
posted by ELM at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

07.01.15のDia-Lee:不二家と賞味期限

実は、5年前の缶ビールが出てきて
(正確に書けば貰って。くれる方も
 くれる方だが、貰う方も貰う方で、
 くれる方は初登場、父で)やる、
 と言うから、ELMはありがたく頂戴した。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2007年01月14日

07.01.14のBOOK ON:誰か映画化しないか?「40 翼ふたたび」

40.gif

4TEENの誰かが、
それともIWGPのマコト(違うと思うけど)が
四十歳の主人公喜一になったのか?

ELMは、四十歳を人生の折り返しとは
思っていないから「四十歳から始めよう」
何て呼びかけられてもピンと来ない。

ピンと来ないけれど、登場人物ひとり
ひとりの気持ちには添っていける。

軽くて、しなやかで、ちょっとペダンチックで、
きゅっと泣かせる石田節は今回も快調。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

07.01.13のMOVIE TRAP:ジャケット2

精神病院で、なぜか変な治療を
受けるエイドリアン。

注射を打たれ「引き出し」に閉じこめられる。
字幕は「引き出し」って訳していたけど、
どう見ても死体安置ロッカー。

閉所恐怖でなくてもイヤ。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

07.01.12のMOVIE TRAP:ジャケット

jacket.jpg


情けないエイドリアン・ブロディの
顔を見ていると、共感する時と無性に
腹の立つ時が、ある。

確かに上手な役者さんなのだけれど、
傍にいたらいじめてやりたくなる、時がある。

今回は、後の方。
ああ、イライラ、する。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

07.01.11のMEMO乱DUM:ガス人間第1号

gus.jpg

新年早々、またしても麦粒腫(ものもらい)で、
これは腰痛より痛いかもと思いつつ、
涙流しながら仕事をしました。

なぜか、いつも左目にしか出来ず、
利き目だからとても不便です。

不摂生が原因ですから、
自業自得です。

前回眼科に行った時、まぶたをゴリゴリ
悲鳴が出そうなほど上下左右に
いたぶられましたが、要するに切開までは
必要ないから、押し潰して膿を出すのね、
と理解していたELMはトイレにこもり、
今日は自分でゴリゴリ。

グオォ〜、グゲェ〜、死ぐぅ死ぐぅ、
と仕事中でなかったら叫んでいたよ。

白目もまぶたも真っ赤になり、
今年は健康「第」一にしなければ、
と思いつつ、あれっ、
この「第」じゃあ、ない。


つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2007年01月10日

07.01.10のMEMO乱DUM:電車映画

突然、通勤電車が降車駅に近づいた時、
ふと思ったのです。

電車や列車を描いた普通の映画って、
案外ないもんだな。

別に脱線も爆破も爆走も衝突も
起こらなくて、良いのです。

ただ、電車好き、鉄道好きの男の子の
映画って、ないんだよね。

でも結構、需要というか、
好きな人はいると思う。

もちろん、ただ映しているだけじゃあなく、
ドラマになっていないといけないのだけど。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/

2007年01月08日

07.01.08のMOVIE TRAP:SAWふたたび

re-saw.jpg

「SAW2」が10本以上棚にあるのに、
第1作の「SAW」は数本しかない。

あれっと思ってつい借りてしまった。
劇場で1回観て、今回はDVDで2回目。

観終わって、映画館というスクリーンに
向かい合うしかない暗闇とラップトップに
したノートPCの画面を明るい部屋で観る
のでは、感想も違う。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 18:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | site1:MOVIE TRAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

07.01.06のBOOK ON)太平洋戦争、こうすれば勝てた

ww2.jpg


初めて観て感動したのは「戦略大作戦」
だったか「ナバロンの要塞」だったか忘れたけれど、
それまでの邦画の「人間の条件」やら何やら忘れたけど
湿って暗い映画から比べればカラッと爽快で面白かった。

ELMが今でも戦略にこだわるのは、
実は「戦略大作戦」が影響かも、
と思ったりして・・・。

つづきはこちらから。↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000208683/
posted by ELM at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | site2:BOOK ON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

07.01.04のDia-Lee:酒とバカの日々

nezu.jpg

気がつけば仕事始めで、
朝は三時に目覚めてしまい、
どうしても再び眠る事ができないので
ノートPCで映画を観ました。

観終わった頃に猛烈な脱力感に襲われ、
出勤のためにどうにか着替えたら、
ベルトが短いのです。

まさか!と思ったらまさかで、
いつもは違う場所にある
buta-muchiのベルトだったのです。

ようやく自分のベルトを探し当てましたが、
5日前よりきつい事に変わりはない、
のが妙に哀しくて可笑しいのです。

今年も酒とバカの日々。
暴飲暴食、喰っちゃ飲んで観て寝、
喰っちゃ飲んで観て寝、
のお正月だったのです。


「寝ずの番」

「エヴァンゲリオン 2」

「ワイルド・スピード」

「ドラゴン・プロジェクト」

「アローン・イン・ザ・ダーク」

ワイルド・スピード2」

「ブギーマン」

「ぼくを葬(おく)る」


それでもって「箱根駅伝」をながら視聴し、
あまつさえ海岸通りまで揺れる自転車を
飛ばし、徳光さんの絶叫まで聞いたのです。

酒は「久保田 百寿」を飲んだのですが、
やはり「浦霞」の魅力には勝てず、
台所の隅に空瓶が二本転がっています。


「寝ずの番」は下ネタばかりで、
最初は閉口していたのですが、
決して出来が良いとは言えないものの、
エロスとタナトスを突き抜ける
日本の猥歌、バレ歌、替え歌に対する
尊敬、伝承への意志を感じました。

岸部一徳の「軍艦行進曲」の替え歌には、
仰け反りました。

こんな風にELMの仕様もないお正月は、
明けたのです。

こんな日が1年、続くのです。
面白くない訳が、ありません。

(そう思っているのは、本人だけ??)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。